BLRBACについて【概要】

dirty industry stack factory

今回は、ソーダ回収ボイラの安全な操業に関してお役立ち情報をお届けいたします。BLRBAC(日本語では”ブルバック”と発音されていることが多いようです)はご存じでしょうか?あるお客様からご案内を頂いてこのブログの他の読者にも関心があるかなと思いBLRBACの概要について記事にしています。

Black Liquor Recovery Boiler Advisory Committee 略してBLRBACと呼ばれる1961年後半にできた組織です。英語ですが、ホームページはこちらです。

ソーダ回収ボイラの爆発事故により多くの被害を出したことを受けて、北米において保険会社、製紙会社、メーカーが構成員となり、非営利の業界団体という位置づけで組織されています。日本でいうところの「回収ボイラユーザ会」に近いものでしょうか。

年に2度ほど会合を持ち、ソーダ回収ボイラの安全な操業を実現するためのガイドラインを作成し、それを更新している組織です。

この組織の法的な位置づけを紹介したページがあり、この中でこの組織の活動の目的を簡単にまとめると以下の通りです。

  • ソーダ回収ボイラとその補機の安全な操業を促進することを目的にする
  • 過去発生したトラブル、持っている技術的な知識と経験、データを共有する
  • 上記を実施するための会議を開催する

同じくホームページ上には、策定されたソーダ回収ボイラの安全な操業に関するガイドラインの法的な位置づけ(LEGAL NOTICE)が記載されていますが、これによるとあくまで有志のメンバーによってつくられたベストプラクティスであり、法令や義務として取り扱われるものではないようです。安全な操業のための参考情報くらいの気持ちで読んでいくと良いかもしれませんね。

今後、少しづつガイドラインの内容についてわかりやすくご紹介していきます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。